AKB48について


さしこに注目!AKB48

総勢で約200人という大所帯となったAKB48の中で、「へたれ」「ヲタ」など、一風変わったキャラでじわじわと人気を集めているのが、“さしこ”こと指原莉乃(17歳)さんです。


第2回AKB48選抜選手権では19位ということで、決して目立った存在ではなかった指原莉乃さんなんですが、最近は「月刊ヤンマガで冠(かんむり)マンガスタート」「アメブロでベスト10常連」「週刊プレイボーイで表紙&巻頭カラー」など、人気メンバーを押しのける活躍を見せています。

最近の指原莉乃さんの人気の背景に何があるのか?!
AKB48の総合プロデューサーである秋元康氏さんは、「“さしこのくせに”という一見、侮辱ともとれる切り口でいじられても輝いていられるキャラにある」と指摘しました。

「敵をつくらず、ハプニングに巻き込まれず」が、指原莉乃さんの“さしこ”的な生き方なんだとか…。

へたれだなぁ…と思わせることが“さしこ”の魅力かも!
これからの活躍に注目したいですね〜。

<きれい女性を目指すなら…>
ネオ豆乳ローションですべすべムダ毛処理  
プラタマはゆんころ・おかりえ愛用のプラセンタカプセル


AKB48選抜総選挙で前田敦子V2ならず!

「えっ?!うそっ!」と思わず声に出てしまったのが、AKB48の「第2回選抜総選挙」での結果でした。

シングルを歌う選抜メンバー“上位21人”をファン投票によって決める、「第2回選抜総選挙」の本投票イベント『母さんに誓って、ガチです』が9日、東京で開催されたんですが、絶対に首位はまちがいなしと誰もが思っていたはずの昨年1位の前田敦子が2位という予想外の結果に終わってしまいました。


首位は昨年、初日、中間と2位につけていた大島優子が597票差で大逆転に成功。
前田敦子は2位、篠田麻里子が3位という結果でした。

まさかの「2位」という結果を聞いた前田敦子は「わたしは負けず嫌いなので正直悔しい」と感情をあらわにし、「今年はこの順位で頑張りますが、リベンジできるのであればもっと多くの方に選ばれるように頑張りたい」と返り咲きを誓っていました。

初めての首位獲得となった大島優子は「嘘のよう」と号泣。「今年は順位が下がると思っていました。こんな嬉しいことはありません」と目を真っ赤にしながら喜びをかみしめていました。

芸能人にとってファンの支持は絶対のもの。大島優子をはじめ見事に21人の中にに選ばれたメンバーには、自信と誇りを持って歌ってほしいし、惜しくも選外となったメンバーには次回のリベンジを果たしてほしいと思います。

それぞれが良きライバルであり、良き仲間でもあるAKB48。この緊張感を大切にして、これからの活躍を期待したいですね〜♪


AKB48選抜選挙終盤戦へ

AKB48の選抜選挙結果がどうなるのか…。
競争の激しい芸能化をそのまま表現したようなイベントですが、
これがけっこう巷では話題になっているみたいです。

先日は、メンバーの一人である篠田麻里子さんが都内で行われたイベント
『オトナの女子力レッスン課外講座』にゲスト出演。

中間発表で4位につけている彼女は、結果予想を聞かれると「何位でもいいです。とりあえず選抜に入りたいですね」と控えめに答えていたそうです。

「1位の自信? 正直ないですね。あと、親友のあっちゃん(前田敦子)を抜かしたくないし。あっちゃんあってのAKBってとこもあるし」と昨年と今回の中間でもトップを走る前田敦子を気遣っていたということですが、彼女のお姉さんらしさが出たということでしょうか。


選抜選挙結果の発表はいよいよ6月9日ということですが、篠田麻里子さんは去年と比べて格段に多い投票数に驚きを見せていたそうです。

順位に関しては余り気にしていない様子だったらしく「年齢的にもAKB上位ですし。24(歳)が1位でもね〜。後ろでガッチリ固めたらって思います」と大人の発言?で笑いを誘ったということを聞きました。

AKBの最前線で活躍する一方、雑誌『MORE』のモデルも務める篠田麻里子さん。

イベントでは「みんなから愛される前向き感力の身につけ方」というテーマで女子力アップトークを展開。最近は人気韓国グループ・BIGBANGのリーダー、GDRAGONにハマッてて、韓国に行きたいと胸を躍らせていたそうです。

いよいよ選抜選挙も終盤戦というところです。その結果はすごく気になるところですね〜。