菅野美穂「働きマン」視聴率について


「働きマン」でまずはホッとした菅野美穂

水着が最高に好き - livedoor Blog 共通テーマ


はーい、AKKOどすえ。
10日から始まったドラマ「働きマン」(日本テレビ)が15.7%とまずまずのスタートを切ったみたいやね。
安野モヨコ原作の人気漫画のドラマ化として注目されていただけに、主演の菅野美穂(30)もひとまずホッと一息できたみたいやし…。
日本テレビの水曜22時からのドラマ枠は「ハケンの品格」が(平均20.1%)、「ホタルノヒカリ」は(平均13.6%)と“働く女性”を主人公にした作品が続いているねん。
事務所を移籍して心機一転を図った菅野美穂にしてみれば、「ハケン」の篠原涼子はともかく「ホタル」の綾瀬はるかには負けてはいてられないってとこやね。
菅野美穂が好演している恋愛よりも仕事を優先する女性編集者が、どこまで同性から共感を得られるか。
成功のカギはそこにあるというのがもっぱらの噂やねん。

でも、働く女性をテーマにしたドラマがヒットすると、転職もまた流行になるかもしれへんね。
編集者や広報担当など、ハードやけどやりがいや華のある仕事に世のOLたちは転職を考えるんちゃうやろか?
あたしも転職経験者やから言うけど、きっちり自分のやりたいことを見据えてからの転職なら応援するけど、なんとなくの転職やったら反対やね。
転職は人生の賭けでもあるねん。
まずは友達3人に相談してみて、みんなが賛成してくれたら、その転職は正解やね。