竹内結子と沢尻エリカの関係について


竹内結子、沢尻エリカのおかげで急浮上

水着が最高に好き - livedoor Blog 共通テーマ

こんちゃー、YOOだよん。

しっかし、芸能界って社会の縮図だね。愛憎があり嫉妬がうずまき、誰かがパッシングされると、まるで鬼の首を取ったかのように、みんなで集中攻撃する。
まあ、それが世間の話題になって、芸能界が活性化するという構図でもあるわけなんだけど…。

さて、本日のニュースは沢尻エリカ竹内結子の同じ事務所所属の女優さん同士についての話題だよー。

沢尻エリカ様の“不機嫌騒動”が日に日に激化する中、先輩女優の竹内結子(27)がひとり、ほくそ笑んでいるという噂なんだよん。
このところ、竹内結子沢尻エリカ(21)に押されっぱなしだったし、初共演となった映画「クローズド・ノート」では、演技の評価やプロモーションでの活躍など、沢尻エリカばかりが話題になっていたんだよね。

でも、同じ所属事務所の後輩である沢尻エリカが“自爆”したおかげで、竹内結子のイメージがアップしたというわけなんだね。

舞台挨拶なのに腕を組んでにらみを利かせる沢尻エリカに対し、竹内結子はニコニコ笑顔を絶やさずにPRに協力。
沢尻は映画のタイトルが書かれた宣伝用の看板に手を添えることも拒否したが、竹内は率先して協力していたのが目立ったという。

ある芸能記者の話では、「竹内結子は中村獅童との離婚騒動でイメージダウンしてしまい、女優へ復帰してからも騒動を引きずっていて、勢いは取り戻せていませんでした。しかし、今回の“不機嫌騒動”で沢尻エリカの傲慢(ごうまん)な態度がクローズアップされ、逆に竹内結子の好感度がアップしています。騒ぎのきっかけになった舞台挨拶でも、暴走する沢尻を尻目に竹内は大人の対応でソツなくこなし、観客席からの声援は竹内に対するものがほとんどでした」とのことだ。

沢尻エリカは予定されていた「釜山映画祭」への出席が取りやめになり、映画会社もカンカンになって怒っているという。
竹内結子にとっては、“女王”に返り咲くチャンス到来か…??