俳優について


水谷豊 再ブレイク

水谷豊(みずたにゆたか)が主演する劇場版映画「相棒」が、予想以上のヒットになり、35億円の興行収入を達成したニュースには驚きました。
ところで、主演の水谷豊さんですが、14歳の時には天才子役としてデビューしていとは知りませんでした。

(以下ウィキペディアより引用・参照)
水谷 豊(みずたに ゆたか、1952年7月14日)さんは、北海道空知郡芦別町(現・芦別市)出身の日本の俳優・歌手。
身長168cm、体重60kg、血液型はA型。トライサム所属。

三人兄弟の三男坊。芦別町野花南、小平町達布など炭鉱街を炭鉱技師(出典不明)の父親の転勤に伴い転々とし、東京で育つ。東京都 立川第一中学校(立川市)卒業(子供の頃によく諏訪神社で遊んでいたという)。
大成高等学校(三鷹市)卒業。その後、大学受験に失敗して働きながら浪人生活をおくる。
少年時代に白黒テレビを見て「この小さな箱がどうやって映るんだろう。
いつかこの小さな箱に入ってみせるぞ」と考え、これが演劇の世界に入る遠因となったとのこと。

最近は『相棒』などのドラマや2時間ドラマ(『地方記者・立花陽介』、『探偵左文字進』など)もシリーズ化されるなど再ブレイク気味で、今なお、幅広い層から支持を受けています。

2008年5月10日、相棒においての演技が評価され同じく主演を務める寺脇康文と共に第16回橋田賞俳優部門を受賞しました。




◎出演映画
カッコ内は公開日
新・高校生ブルース(1970年12月25日・大映東京)
ひとつぶの涙(1973年11月3日・松竹)
鬼輪番(1974年2月9日・東宝)
想い出のかたすみに(1975年4月26日・松竹)
東京湾炎上(1975年7月12日・東宝)
青春の殺人者(1976年10月23日・ATG)
太陽を盗んだ男(1979年10月6日・東宝)
幸福(1981年10月10日・東宝)
逃がれの街(1983年10月15日・日本テレビ)
甦る優作「探偵物語」特別篇 夜汽車で来たあいつ(1998年2月14日) ※1979年のテレビ放送作品を上映
相棒 -劇場版- (2008年5月1日・テレビ朝日/東映)






[枚数限定][限定版]相棒-劇場版-絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン〈豪華版BOX〉/水谷豊[DVD][枚数限定][限定版]相棒-劇場版-絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン〈豪華版BOX〉/水谷豊[DVD]


キムタクはキスが苦手?

モンスターブログ - livedoor Blog 共通テーマ


YOOだよん。

主演ドラマ「HERO」が映画化されるなど、俳優としても活躍が目立つSMAPの木村拓哉さん。
二枚目フェイスで多くの女性を虜にする木村さんですが、キスシーンの前は相当意識するんだって。

とりあえず歯は磨くという木村拓哉さんですが、磨いた後の行動にもご注目!
その後にコーヒーを飲んでしまったりした時は「ガム系に行く」らしく、制作スタッフが控え室に何種類か用意してくれたガムを前にし、その日の気分に合わせて“スースー系”か“トロ〜ン系”かで悩むとのこと。
それを自分で決める時が一番ツライという木村拓哉さん、デリカシーがあるというかなんと言うか、男らしい外見からは想像できないけど、意外と細かい所を気にするタイプなのかもしれないね。


舘ひろし、130キロの人食いザメを釣り上げる!

芸能ニュース - livedoor Blog 共通テーマ
はーい、AKKOどすえ。
関東地方は台風が直撃。交通機関を中心に大きな影響が出てたようやけど、どないでしたか?
台風も雨だけなら恵みの雨を降らせてくれるんで歓迎なんやけど、暴風は恐いですやん。
けど、自然の力には勝てまへんね。頭抱えて「早よう、行ってよ」なんて祈るしかないですね。

さて、きょうは俳優の舘ひろしさんについてのニュースです。
俳優・舘ひろし(57)ら石原軍団が人食いザメとして知られる130キロの巨大タイガーシャークを釣り上げたことが5日、分かったんやて。
タイガーシャークというたら、ホホジロザメやオオジロザメと並んでえらい凶暴で、人食いザメと呼ばれてる超恐ろしいサメやねんで。
ホンマ、えらいもん釣り上げてくれはったわね。
舘ひろしさんがタイガーシャークを釣り上げたのは、テレビ朝日・ABC系の「愛のエプロン・豪華3時間SP」(10月10日・後7:00)の企で、高級食材を集めるため行ったもので、舘ひろしさんは8月下旬に沖縄・宮古島沖でゲットしたらしいわ。

石原軍団が、またまたビックリ仰天の捕獲劇ということやね。
昨年11月、ドラマ「マグロ」のロケで、渡哲也さんが一本釣りで220キロの本マグロを釣り上げたらしいけど、今度は舘ひろしさんと金児憲史さん、木村昇さんの3人が、体長2メートル20センチのサメをゲットしたというわけやねん。

最初は金児さんと木村さんの2人が挑み失敗したものの、台風で大荒れの海となった2度目の挑戦で何とか捕獲したんやて。
舘ひろしさんは「海が荒れて大変だったけど、なかなかできない経験。楽しかった」と笑顔だったって。

これでまた、渋めの舘ひろしさんに新しい勲章が加わったみたいやね。
めちゃ、カッコええわ!



織田裕二 わがまま放題?

芸能ニュース - livedoor Blog 共通テーマ
<芸能ニュースあっとらんだむ>のYOOだよ。
今回は、織田裕二(39)が映画「踊る大捜査線パート3」への出演を拒否しているというニュース。

ご存知のとおり「踊る大捜査線」は織田が主人公の刑事役を演じた大ヒットシリーズだけど、共演の柳葉敏郎との確執が問題になり、続編製作は不可能といわれていたんだよね。
それでも、製作のフジテレビが「パート3」の企画を立ち上げ、織田と柳葉が歩み寄りをみせたことでプロジェクトは進んでいたらしい、さすがフジテレビという感じだったんだけどねえ…。

ところが、「ここにきて織田が“やっぱりやりたくない”と言い始めているそうです。織田はプライドが高くて気難しいから、過去のヒット作に頼りたくない気持ちがある。12月に公開される主演映画『椿三十郎』がダメだったらやってもいいと漏らしているとか。今のところ『パート3』の製作は暗礁に乗り上げています」(マスコミ関係者の話)という状況なんだって。

映画「椿三十郎」は織田にとって初めての時代劇。しかも、かつて黒沢明監督と三船敏郎がコンビを組んだ名作のリメークだけに、評価のハードルは高いはずだ。

織田が演技派の人気俳優であることは認めるけど、ちょっとわがままになっちゃっているんじゃないかい?
ファンあっての芸能人だし、ファンの期待に応えるのも大切な役割だよね。だから、普通の人より多い収入を得ているんだから。

こんな言い方をしたら失礼かもしれないけど、「織田裕二よ、君がまだ売れていなかった頃のことを思いせ!」と言っておこう。




寺島進は、あたしのタイプ

芸能ニュース - livedoor Blog 共通テーマ

いつもありがとうね、AKKOどすえ。
今回は、AKKOも大ファンの渋い不良中年寺島進さんについてのニュースですよぉ!

不良中年俳優の寺島進(43)が面白キャラを演じて大ウケしているのは皆さんもご存知だと思うけど、とくに出演中のP&G「ファブリーズ」のCMは無邪気に笑えてしまいますねえ〜。
広告関係者のコメントでは「寺島が演じているのは愛嬌のある父親役。息子が野球の試合でヒットを打った後、喜びのあまりダイヤモンドに飛び込んでしまったり、お店を開店した日に大雨が降って、カミさんにブツクサ言われ、困っている様子を演じています。一見コワモテの寺島が、ハシャいだり、オロオロするギャップが視聴者の笑いを誘っています」ということなんだね。

もっとも、寺島さんにとってCMの面白キャラはご愛嬌らしいよ。
本業の役者で不良中年を演じさせたら現在、彼の右に出る俳優はいないほどで、ドラマや映画で引っ張りダコなのよね。
今年だけでも、すでにNHK大河ドラマ「風林火山」や、連続ドラマ「相棒」(テレビ朝日)、「ヒミツの花園」(フジテレビ)、「きらきら研修医」(TBS)に出演。
映画も「アンフェア the movie」「東京タワー」「監督(・ばんざい!」に出演しているしぃ。
寺島は北野武監督の作品は常連で、これまで合計100本以上の作品に出てるんだって!

「寺島が演じる役柄は粗暴な武士やヤクザ、刑事などが多い。9月公開の主演映画『GROW 愚郎』では、ツッパリ風の学ランを着てサングラスをかけ、そのまま不良中年を演じます」(映画ライター)ということだけど、まさに今が旬の俳優さんですよね!

あたしも、一度でいいから寺島さんに口説かれてみたいわ!





大沢たかお、俳優根性をサーフィンで魅せる?

芸能ニュース - livedoor Blog 共通テーマ
<芸能ニュースあっとらんだむ>のYOOだよ。
お盆休みも終わったばかりで、まだちょっとエンジン全開とはいかないんだけど、きょうも張り切っていっちゃおう!
今回は、大沢たかおのトークショーについてのコメントだあ!
13日、プロウィンドサーファー、故・飯島夏樹の半生を映画化した『Life 天国で君に逢えたら』の公開に先駆けて、彼が遺した写真を集めた写真展「Life 天国で君に逢えたら×飯島夏樹 THE LOVE STORY」が表参道ヒルズにて開催され、映画に主演した大沢たかおがトークショーを行った。

プロウィンドサーファーにふんするにあたって、海外で自主合宿などをしてきたという大沢だが、新城毅彦監督から「(印象的なウェディング・サーフィンのシーンを)このシーンは外せませんね〜」と、いとも簡単に言われたらしく、そのときのことを振り返って、「写真で見ると楽しそうなんだけど、あれはプロだから! 正直、『やる方の身になってよ〜!』と思った(笑)」と語り、会場の笑いを誘ったらしい。

確かにそうだよね。何でもプロだからできることなんで、素人がいきなりやるなんてちょっと無理な話だけど、そこはさすが俳優魂を持った大沢たかお。

実際にそのシーンを演じるために逗子で特訓を重ね「(伊東美咲の代わりに)インストラクターの女性に乗ってもらったんだけど、1回も成功しなかったんだよね。でも、本番では、岸から男たちがみんな見てるし、その中で伊東さんを落とす訳にいかないから、『もしもの時は、自分から先に落ちた方がいいよなぁ』とかいろいろ考えちゃって(笑)。着替えも1着しかないって聞いてたし、その緊張感が良かったの
か、何カットも撮ったけど全部成功したよ(笑)」ということで、なんとかうまくいったみたい。

同写真展は今月20日までということだけど、今度の土日でも足を運んでみてはいかが??