刑事ドラマについて


米倉涼子が刑事役のために自慢の髪をばっさり

芸能ニュース - livedoor Blog 共通テーマ

YOOだよん。
女優の米倉涼子さん(32)がデビュー以来の長い髪を約30センチ切ったんだよん。
刑事役に初挑戦するテレビ朝日の主演ドラマ「交渉人〜THE NEGOTIATOR〜(仮題)」
(08年1月スタート、木曜後9・00)の役づくりのためというから、さすがプロの女優根性だよね。
警視庁捜査1課特殊班の宇佐木玲子を演じるというけど、どんな刑事を見せてくれるのか、今からちょっと期待しているんだじょー。

米倉涼子さんは、背中まであった髪を切り「こんなに切ったのは生まれて初めてです」と語ったとか…。
演出の松田秀知氏から髪を切ることを要求され「ずっと切りたかったので、この時を待っていたという感じです」とサッパリした表情。
5歳からバレエを始め、髪は常に束ねられる長さだったというが「一生懸命さを出すには、短い方が躍動感を出せるのかなと思って切りました」と話し、27日からのクランクインを楽しみにしているんだって。
共演は筧利夫(45)、高岡蒼甫(25)ら。
刑事ドラマは星の数ほどあるけれど、どんなストーリーで視聴者をエキサイトさせてくれるんだろうね??



エロかっこいい!福山雅治

ギャオ - livedoor Blog 共通テーマ

はーい、AKKOどすえ。
主演ドラマ『ガリレオ』の大ヒットで、改めてイイ男っぷりが見直されているのが、あたしも大ファンの福山雅治さんなんや。
『anan』の恒例企画「好きな男ランキング」では、キムタクにトップの座を明け渡して9年連続で2位の座に甘んじているんやけど「好き嫌いが極端に別れるキムタクの1位は納得できないけど、福山はうなずける」との声が独女の間には多いんやて。

ドラマ好き自称のある女性のコメントでは「福山はまったくと言ってよいくらい外見が衰えていないのに、大人の男らしい落ち着きが加わって、いっそう魅力的になりましたよね。一方、キムタクは若い頃のトンがっているイメージが未だに抜けきれていない。20代まではクールを通してもよかったかもしれないけれど、30半ばであのとっつきにくさは逆に子供っぽく思えます。来年のランキングで逆転してもおかしくないですよ」と話しているんや。

中学2年生の頃から足掛け13年間、福山雅治のファンだという久美子さん(27歳)も「歌も演技も上手いし、トークもおもしろい。あれほど何でもできる俳優は他に見当たりません。それに、福山は年齢相応の魅力が備わっている。『ひとつ屋根の下で』に出演していたころはクールで危険な香りがあったけれど、最近は丸くなってきて大人の余裕すら感じさせます。40代、50代になってからのダンディな姿も楽しみ」と熱く語ってくれてんねん。

そんな福山雅治の魅力を引き立てているのが、主にラジオ番組で披露される下ネタなんやて。2枚目俳優で下ネタを堂々と話したのは福山雅治が最初とちゃうやろか?「AV好き」「オナニーがお盛ん」など一歩間違えればどん引きされかねないエピソードも、あの渋い声で聞かされるとなぜか爽やかな話に聞こえるから不思議よね。
千賀子さん(31歳)も、福山のエロトークに参ってしまった一人。
「以前、『若い頃に酔っ払っている女の子を拾って帰ったことがある』というようなことを面白おかしく話しているのを聞いて、福山でもそんなことをするんだ!と衝撃を受けました。芸能人なのに、ちゃんとエロい話ができるから親しみがわくんですね。下ネタも、ちょうど笑えるくらいのレベルで、話のさじ加減もわかって
いると思います」と話しているらしい。

爽やかな外見やし、エロ話もカッコ良く聞こえるんやろね。


「SP」フジTVの深夜ドラマが大好評!

ライブドアブログ - livedoor Blog 共通テーマ

はーい、AKKOどすえ。
深夜ドラマの「SP」って知ってはる?
AKKOもついつい観ちゃうんやけど、あれっておもしろいやん。

視聴率“20%超え”の声も聞こえ始めたのが、フジテレビの深夜ドラマ「SP」やねん。
初回の3日はバレーボールの時間延長で20分遅れて始まったのに、視聴率は14.5%を記録。
2回目はさらに上回る17.6%をマークし、瞬間最高視聴率は20.8%に達したんやて。
この数字は、「ゴールデンタイムなら25%以上の価値」(テレビ雑誌記者)というから凄いわ!

SP」は何がウケているんやろ?
主演はV6岡田准一で、予知などの特殊能力を持つSP(要人警護官)を演じているんやけどね。
総監督は「踊る大捜査線」の本広克行、脚本は直木賞作家の金城一紀という強力コンビを持ってきているんやけど、放送評論家の松尾羊一氏はこう言うてんねん。
「『SP』は恋愛や細かい人間関係といった要素を極力省き、“SPの仕事とテロリストとの戦い”にテーマを絞って、テンポよくストーリーが展開する。思わず視聴者は引き込まれてしまうのでしょう。推理小説で必要な場面だけ読む“読み飛ばし”の感覚に似ているかもしれません」…なんやて。

通常、深夜枠は制作費を抑えるらしいけど、「SP」はちょっと違う。映画用の機材を使用し、撮影も映画タ
ッチで上から回し、小道具にも凝っている。カネと時間をかけているって。

17日の放送では病院を舞台にして、人質にとられた要人の奪還作戦が繰り広げられるストーリーや。
視聴率も見ものやね。





ビートたけし、博多の刑事役に挑戦!

芸能ニュース - livedoor Blog 共通テーマ
タレントのビートたけし(60)がこのほど、ロケ先の神奈川県内でテレビ朝日系「点と線」(今秋・2夜連続放送)に向けて意気込みを語った。
(ライブドアニュース:スポーツ報知提供)

点と線は、松本清張の初長編推理小説で、単行本300万本を売り上げたベストセラーだ。
役作りのために5キロ減量して臨むなど、気合十分のたけしだったが、博多出身の刑事役に「セリフが長くて覚えるだけでも大変。それを博多弁に直すから、二重に覚えなきゃいけない」とボヤくことしきり。

日テレ系「鬼畜」以来、5年ぶりのテレビドラマ主演にも「オレは主役だけど、基本的に主役はヘボでいいと思ってる。周りが支えてくれるものだから」と独特の言い回しで表現するが、
実はまわりが驚くほどのプロ根性と演技力を見せる、役者・たけし。
おそらくは、シリアス感たっぷりの刑事ドラマに仕上がるものと思うが、秋の夜長をたけしの演技を見ながら楽しみたいものだ。


仲間&ピン子の刑事コンビ誕生!

芸能ニュース - livedoor Blog 共通テーマ
この10月、TBSで刑事ドラマジョシデカ!〜女子刑事〜」(木曜後10時)がスタートする。
主演は仲間由紀恵(27)と泉ピン子(59)。
刑事といえば、かつての「あぶない刑事」のように男2人のコンビが定番だけど、女性コンビの設定はちょっとした変化球という感じだよね。
仲間は射撃の腕しか取り柄のない、熱くて人情派の新人刑事役。
一方のピン子は検挙率ナンバー1のベテラン刑事を演じるという。
外見も年代も性格も対照的な2人が、対立しつつも助け合いながら事件を解決していくという設定らしいが、コミカルなセリフが散りばめられているのか、それともシリアス系の刑事ドラマの展開になるのか注目したい。

収録は今月上旬にスタート。
仲間は「緊張感を大事にして、元気いっぱいなドラマにしたい」。
泉は刑事役初挑戦で、仲間との初共演にも「いいコンビ。頑張ります」と意気込ん
でいるとの話だ。(ライブドアニュースによる)