反町隆史の復活なるか?!について


反町隆史がテレ朝の連ドラで勝負をかける!

反町隆史が7月スタートのテレビ朝日連続ドラマ「ロト6で3億2千万円当てた男」に主演する。
夢も希望もない地味なバツイチ会社員が、ロト6で大当たりしたことで数々の悲劇に見舞われる物語だ。
共演に中島知子、泉谷しげる、西村雅彦、出川哲朗、小沢真珠、真鍋かをりといった個性豊かな俳優陣の顔が並ぶ予定。

これまで、反町隆史は「ビーチボーイズ」や「GTO」といったフジテレビのドラマを中心に主演して人気を博してきた。
そんな反町隆史にとって、テレ朝連続ドラマに登場するのはこれが初めてのことで、必死になっているという。

反町隆史は昨年3月公開の主演映画「蒼き狼 地果て海尽きるまで」が大コケした。製作費が30億円で最終興収は13億円
という大赤字だったらしい。
続いて8月に主演したスペシャルドラマ「ゾウのはな子」(フジテレビ)は視聴率11.8%に終わってしまい、10月の主演ドラマ「ドリーム☆アゲイン」(日本テレビ)も平均視聴率10.3%と低調だった。
一部では「反町隆史は終わったのかも…」なんていう声もささやかれたみたいだ。

このテレ朝連続ドラマ「ロト6で3億2千万円当てた男」が、そんな風評を一気にハネ返すチャンスなのだ。

ある関係者の話によれば「反町隆史にとってはここが踏ん張りどころです。去年の11月に松嶋菜々子との間に2人目の子供が
生まれたばかりだし、松嶋は“移籍説”が根強く残っていて本格復帰にはまだ時間がかかりそうなムードですからね。ドラマのスタートに合わせて、キリンビール『麒麟ZERO』の新CMも始まりました。反町隆史はロケに2日間をかけるほど力が入っ
ていた。健在ぶりを見せつけるために必死なんです」とのことだ。

それはさておき、ロト6に当たるなんてうらやましい。ロト6ってキャリーオーバーがあるから当選金も太くなるからいいよね。





反町隆史がキャバクラのスカウトマン演じる異色の恋愛ドラマ!DVD未発売。【ドラマ特別セール】■チープラブ CHEAP LOVE<全5巻セット>■反町隆史がキャバクラのスカウトマン演じる異色の恋愛ドラマ!DVD未発売。【ドラマ特別セール】■チープラブ CHEAP LOVE<全5巻セット>■


待ってたよ、反町隆史!久々の連続ドラマ主演決定

芸能ニュース - livedoor Blog 共通テーマ
AKKOどえす。
あの反町隆史が久しぶりに連続ドラマの主演を演じることが決ったみたい!
映画や単発ドラマでは元気な姿を見せていたけど、連続ドラマはちょっとご無沙汰だったわけ。
それだけに、ファンならずとも注目したい話題だわね!

以下はライブドアニュースからの紹介だけど、反町隆史のやる気が伝わってくるようで期待できそうだよ!

俳優反町隆史(33)が、10月スタートの日テレ系連続ドラマ「ドリーマン(仮題)」(土曜・後9時)で、3年ぶりに連ドラ主演することが21日、分かった。
事故で亡くなった元プロ野球選手が他人の体を借りて生き返り、再びプロ選手を目指す物語。反町は「夢をあきらめないということを伝えられるように演じていきたい」と意気込んでいる。野球シーンなどをジャイアンツが全面協力する。
反町が演じるのは「満塁男」と呼ばれながら、けがをきっかけに解雇された元プロ野球選手。球界復帰を決意した矢先に事故で亡くなってしまうが、ファイナンス会社社長の体を借りて現世に“復帰”。ファンドや株など未知の分野に四苦八苦しながら、球界復帰を目指して再びトレーニングに打ち込む。
次屋尚プロデューサーは「テーマは夢をあきらめないこと。反町さんの実直で行動力のあるイメージは、説得力のある主人公として命を吹き込んでくれる」と期待を寄せる。

反町の連続ドラマ出演は2004年10月放送のフジテレビ系ドラマ「ホットマン2」以来。「久々でとてもうれしく、いろいろなことにチャレンジしていきたい。現場も楽しみにしております」。自身はサッカー少年で野球は未経験だが、フジ系ドラマ「ワンダフルライフ」(04年)でも少年野球チームの監督を務める元プロ野球選手を演じている。

近年は、単発ドラマで日本のシンドラーと呼ばれる杉原千畝さんや「ゾウのはな子」での飼育係などで人間味あふれる演技を披露。映画「男たちの大和/YAMATO」(05年)、「蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜」(07年)と大作に立て続けに主演し、邦画界屈指の演技派に成長した。

04年に女優で妻の松嶋菜々子(33)との間に女児をもうけ、今年12月末には第2子が誕生予定であることを先月末に発表したばかり。
劇中の“第2の人生”でもパパという設定で、娘を志田未来(14)が演じる。
反町の元恋人で弁護士役のヒロインを加藤あい(24)。反町を生き返らせる天国の案内人を児玉清(73)が演じる。

…ということだけど、2児のパパとなる予定だし、公私ともに充実して、反町らしいシャープな演技を見せてほしいよね。
この秋は、反町隆史に目が離せないかも??よ!



反町隆史よ、働け!

芸能 - livedoor Blog 共通テーマ

先日のライブドアニュースに、反町隆史(33)に対して、父親としてもっと自覚すべき…というニュースが掲載されていた。
なんでも、女優であり妻である松嶋菜々子に「妊娠3カ月」という情報が飛び出し、3歳になる長女の幼稚園受験も迫り、松嶋は育児で大忙し。
加えて、お茶のCMをはじめ公開中の映画『眉山』にも出演して活躍しているが、
もしも第2子誕生となれば、芸能活動はしばらく休業になるのは必至だ。
こうした中で、夫であり父親である反町の動向が注目を集めているらしい。
最近の仕事といえば、映画『蒼き狼』の主演ぐらいなもので、CM出演にしても2社にとどまり、連ドラは昨年の『14才の母』への出演が最後となっている。
ある芸能リポーターは「これまでは、反町は稼いでくれる松嶋に甘えていたのかもしれない。だが、今は女房のため、子供のために必死になる時だし、そうすることで“パパキャラ”も周囲にアピールできる。妻のオメデタをバネにして欲しいですね」とコメントしている。

しかし、世のサラリーマンからいえば、何ともうらやましい話。
とりわけ中年以降の年代からみれば、松島菜々子、反町隆史ともに、CM1本の出演料は彼らの平均年収を超える金額だという。
ローンを抱え、リストラに怯えながら、会社のノルマに心身をすり減らすお父さん族にとって芸能界の出来事など関係ないかもしれないが、反町隆史も同じ夫であり、父親だ。
ある意味で反町の“復活劇”を見ることができれば、お父さん族へのエールになるのではないだろうか?