山芋・菊花・クコの実のジュースで眼を元気に!

眼の網膜には毛細血管が張り巡らされていて、必要な酸素や栄養素が血液といっしょに供給されています。

実は、この毛細血管が硬くなったり、詰まったりすると眼精疲労や視力の低下を招くといわれています。

「なんとなく物が見えにくくなった」「眼が疲れてしょぼしょぼする」などの自覚症状があれば、山芋や菊花、クコの実をひとつにした眼のためのジュースを試してみませんか。

山芋には筋肉や血管を強くする滋養強壮作用があり、糖尿病や老化防止にも効果があるということで、眼の衰えにも効果が期待できます。また、菊花の香りの成分は眼の充血やかゆみに作用し、クコの実には網膜の働きを整えるカロテンが豊富にあり、これらをひとつのジュースにすることで、より強い薬効が得られるとされています。

ミキサーに3つの材料を入れ、水と蜂蜜を適量加えて混ぜるだけで、眼を癒して視力回復にも役立つ飲み物が出来上がります。

一望百景効果