織田裕二、仕事しろよ!?

モンスターブログ - livedoor Blog 共通テーマ

はーい、AKKOどすえ。
22日、グランドハイアット東京で映画『椿三十郎』の完成披露会見が行われたんや。
主演の織田裕二豊川悦司松山ケンイチ、鈴木杏、中村玉緒、角川春樹プロデューサー、そして森田芳光監督が登壇したんやて。

今年に入ってから8本の映画が公開されているのが松山ケンイチなんや。そんな現在乗りに乗っている松山について訊ねられた織田裕二は、「松山くんは、これからいろんな引き出しができる可能性を感じますね」とニヤリ。豊川悦司も「『椿三十郎』のときは絡みもなかったし、興味もなかったんですけど、同じ森田芳光監督の『サウスバウンド』では、たっぷりかわいがらせてもらいました。才能があるのでこれからどんどん追い抜
かれていくんじゃないかな」と意味深な笑顔を見せながら絶賛したということやわ。

それに対し、織田裕二豊川悦司の印象について訊ねられた松山はんは、「織田さんのことはすごく尊敬してます。世界陸上ですごく興奮して無邪気に笑ってる姿を見て、僕もあんな風に好きなことをして無邪気に笑っていたいなと思ったし、仕事してない感じがすごく好きなんですよね。まねしたいです。豊川さんは無口な方だと思ってたんですけど、一言一言が面白くて。僕もボソッと言った一言で笑わせられるように頑張りたいです」と褒めているのかけなしているのか分からない余裕のコメントを連発。
思わぬ反撃に「してやられた!」というような笑顔を見せた織田らの様子に、会場は大きな笑いに包まれていたらしいわ。

しかし、仕事していない感じと言われた織田裕二はん、ここは意地を見せて仕事してや!

映画『椿三十郎』は、黒澤明監督と三船敏郎による名作を45年ぶりにリメークしたものなんや。
織田裕二は椿三十郎、豊川悦司はライバルの室戸半兵衛、松山ケンイチは若侍を演じているで。





トラックバックURL